健康診断結果で再検査・精密検査の指摘を受けた方

健康診断・人間ドックで要再検査となったら

健康診断や人間ドックの眼科項目で再検査が必要と指摘された場合は、なるべく早めに眼科を受診してください。眼疾患の治療は、早期発見・早期治療が非常に大切となります。
要再検査の結果が出たにもかかわらず、そのまま放置しないよう、早めに当院までご相談ください。

健康診断・人間ドックで指摘される診断名

1.高眼圧

眼圧とは、眼の内圧のことで、眼の中に満たされた房水という水分の産生・流出バランスにより決まります。眼圧の正常値は10-21mmHgですが、これより高くなると高眼圧と診断されます。高眼圧を伴う主な疾患は、治療が必要な緑内障、経過観察を行う高眼圧症がありますが、健康診断では確定診断を行うことができません。高眼圧の状態が続くと、眼の中の視神経を圧迫し視野異常を生じる場合があり、注意が必要です。眼科で詳しい検査を行う必要があります。
日本では、40歳以上の20人に1人が緑内障と言われており、意外と身近な眼の病気です。また、中途失明原因の第1位ですので、病気が進行してしまう前に適切な治療を受けることが重要です。

緑内障はこちら

2.視神経乳頭陥凹拡大

健診などでよく指摘される眼科所見で、緑内障の場合に多く見られます。視神経乳頭陥凹とは、眼底中心にあり、網膜で得た光信号を脳に伝達する視神経とのつなぎ目部分に相当します。
眼球内部からはへこんでいるように見え、緑内障を発症するとこのへこみが大きくなります。眼底検査では、視神経乳頭が大きくへこんでいないかを調べます。

緑内障はこちら

3.網膜神経線維層欠損

緑内障の最も早期に起こる眼底変化で、視神経乳頭から扇状に広がる神経線維が傷つき、欠損した状態を網膜神経線維層欠損と言います。病状が進行すると、緑内障による視野欠損が大きくなるため、必要に応じて精密検査を行います。

緑内障はこちら

4.加齢黄斑変性

加齢に伴って、黄斑部の障害が生じる目の疾患です。加齢黄斑変性は、格子状の模様を見た時に網目が曲がって見える、変視症の症状が現れます。
加齢黄斑変性を発症した場合、治療せずに放置すると失明に至る恐れがあるため注意が必要です。加齢黄斑変性は、中途失明原因の第4位、50歳以上の約100人に1人と発症率が高い疾患とされています。

加齢黄斑変性はこちら

5.黄斑前膜(網膜前膜)

加齢などが原因で、硝子体が萎縮して網膜から剥がれることがあります。これを後部硝子体剥離と言います。この時、網膜と硝子体は癒着が強いため、硝子体皮質が網膜(黄斑部)に残存し、そこに細胞が増殖して網膜表面に膜を形成することがあります。
これが、黄斑前膜(網膜前膜)です。初期は透明で視力低下は軽度ですが、黄斑前膜の収縮に伴い網膜に皺が形成され、変視症や視力低下などを引き起こし、日常生活に支障を及ぼすことがあります。

6.眼底出血

網膜の血管が破れて出血した状態です。血管が破れる主な要因は、加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・高血圧性網膜症・網膜静脈閉塞症などが挙げられます。
眼底出血すると、視力低下や網膜の浮腫みなどの症状のほか、失われた栄養素を補うために新生血管が作られます。この新生血管は非常に細く脆いため、さらに出血が起こり、場合によっては大量出血による視力低下を引き起こすことがあります。

7.視力低下

視力低下を指摘された場合、また眼鏡やコンタクトレンズを装用している方は、定期的に眼科で視力検査を受けることをお勧めしております。眼科では、視力低下の原因について、詳しい検査を行います。
健診や人間ドックでは、機械による検査がほとんどで、本来の視力よりも低く検出されることがあります。また、眼鏡やコンタクトレンズを装用している場合は、裸眼視力や矯正視力を検査することも重要です。
眼の度数が変化している場合があるためです。過矯正(強すぎる度数)の眼鏡やコンタクトレンズは、眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になります。このため、定期的に検査を受けてください。

8.中間透光体混濁

中間透光体とは、角膜・硝子体・水晶体の総称で、外界からの光を網膜に届けるため、本来は透明な組織です。これが、何らかの原因で濁っている状態を、中間透光体混濁と言います。
主に、加齢による白内障・硝子体出血・角膜の傷や炎症などが原因とされます。健診などで指摘された場合は、眼科で精密検査を受けてください。

白内障はこちら

学校検診について

学校検診で、視力低下や眼疾患の疑いを指摘されたお子さんは、早めに当院までご相談ください。眼科では、視力低下や目の疾患・異常について調べます。
視力が低いと指摘されたまま、受診せずに放置してしまうと、学力低下や日常生活に支障を及ぼす恐れがあります。このため、なるべく早めに眼科を受診することをお勧めしております。

TOPへ