眼瞼けいれん・片側顔面けいれん

眼瞼けいれん・片側顔面けいれんの症状

眼瞼けいれん・片側顔面けいれんの症状
  • 光がまぶしい
  • まばたきの回数が多くなった
  • 片目をつぶる
  • 口元がピクピクする
  • まぶたがピクピクする
  • 目が乾き、ショボショボする
  • 目を開けているのがつらい
  • 目や目の周囲に違和感や異物感がある
  • 以前のように自然なまばたきができない
  • 顔が引きつったり、こわばったりしてゆがんでしまう
  • 目の下側がピクピクしたり、目がとじてしまう
  • 意思とは関係なく目をつぶる

上記のような症状があれば「顔面けいれん」「片側顔面けいれん」が考えられます。

顔面けいれんの主な症状

初期

初期まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目が乾く、目がショボショボするなどがあります。

進行すると

進行すると自分の意思で目を開けられず、手を使って開けなければならない場合もあります。

片側顔面けいれんの主な症状

初期

初期主に顔の片方の目の周囲、口がピクピクします。

進行すると

進行すると症状が頻繁に起こり目の周囲や口、ほほ、あごの筋肉がひきつります。

顔面けいれん・片側顔面けいれんの治療

治療には「ボツリヌス療法(ボトックス注射)」があります。

この治療法は、緊張している筋肉に緊張をやわらげるお薬(ボツリヌストキシン)を注射することでけいれんや収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。

「顔面けいれん」や「片側顔面けいれん」はそのまま放っておいても自然に治る病気ではありません。

TOPへ