瞼が垂れる・瞼が開きにくい

瞼が垂れる・瞼が開きにくい

加齢に伴って、瞼を支える筋肉や皮膚が緩むと、瞼が下に垂れる、または瞼が開きにくいといった症状を引き起こします。このうち、筋肉が緩む場合は眼瞼下垂と言い、皮膚が緩む場合を眼瞼皮膚弛緩と言います。一般的に多いのは、どちらのみではなく筋肉と皮膚の両方が混ざっているケースです。視界が狭くなり、下がった瞼を補うために無意識におでこの筋肉を使うため、おでこのしわが増えたり、頭痛、肩こりが酷くなることがあります。 治療方法は、主に手術治療です。レーザーよりもメスを用いた手術のほうが綺麗に仕上がるとされています。所要時間は、両目で約1時間弱です。

眼瞼下垂とは

瞼には、瞼板という軟骨があります。瞼板にある、上眼瞼挙筋腱膜・ミュラー筋という筋肉が縮むことによって瞼が上がります。この筋肉と瞼板の結合が緩むと、瞼が上がりにくく、瞼が重い・物が見えにくい症状となります。
眼瞼下垂のタイプは、先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂とあります。先天性眼瞼下垂は、生まれつき瞼の筋力が低下している、また視機能の発達不良に留意が必要とされています。弱視が疑われる場合があるため、手術などで視機能の発達を促していきます。生後間も無くから、眉毛やあごを上げてものを見ようとするしぐさには注意して、気になる場合は当院にご相談ください。
後天性眼瞼下垂は、加齢に伴って上眼瞼挙筋膜やミュラー筋などの筋肉と瞼板の結合がたるみ、瞼が上がらなくなる状態を言います。徐々に進行するので、自分では気付きにくい特徴があり、眼精疲労や肩こりが伴います。加齢のほかには、アトピー性皮膚炎で瞼を強く触れて掻く人や、ハードコンタクトレンズを長期間装着している人などに多く見られます。また、動眼神経麻痺や重症筋無力症のような神経麻痺によって起こる眼瞼下垂もあるので、気になる症状がある方は早めにご相談ください。
治療方法は、伸びた上眼瞼挙筋腱膜・ミュラー筋と瞼板を縫い合わせます。術後は、瞼が腫れますが、徐々に解消していきます。腫れが完全になくなるまで数カ月かかりますが、手術によって瞼が上にあがり、視界が広くなります。他の疾患が原因で眼瞼下垂になった場合は、その部位の治療を行います。

眼瞼皮膚弛緩とは

加齢に伴って、上瞼の皮膚が緩むことでまつげの上に皮膚が覆って瞼が重く感じたり、上方の視野が欠ける状態を眼瞼皮膚弛緩と言います。自分では気づかず、人から言われて初めて気づくケースも多く、また緩んだ皮膚と涙で皮膚がかぶれてしまうこともあります。
上方の視野が欠けるのを補おうと、無意識におでこの筋肉を使って瞼を上げるため、おでこのしわが増えたり、慢性的な頭痛や肩こりなども現れることも多いとされています。
治療方法には、瞼縁皮膚切除や眉毛下皮膚切除などを行います。

よくあるご質問

眼瞼下垂、眼瞼皮膚弛緩の手術に関する質問について記載いたします。


手術に痛みはありますか?

局所麻酔で行いますので、とくに強い痛みを感じることはありません。術後、腫れたり内出血したりすることもありますが、1、2週間で元に戻ります。

健康保険は適用されますか?

医師が診察・検査を行い、眼瞼下垂もしくは眼瞼皮膚弛緩で手術が必要だと診断した場合は、健康保険適用となります。

手術後に入浴、運動などをしても大丈夫ですか?

首から下の入浴は翌日から可能です。ただ、傷口に障るため、洗眼、洗髪は2日ほど控えましょう。術後1、2週間後に抜糸しますが、1ヵ月ほどは激しい運動は避けてください。

ハードコンタクトレンズは使用できるようになりますか?

可能ではありますが、あまりお薦めしません。下垂が再発したり、進行したりすることがあります。

手術のついでに二重にしてほしいのですが?

機能回復が目的で美容整形手術ではありませんので、すべてにお応えすることはできません。目立つところですのできれいに仕上げることを優先します。

TOPへ