診療内容一覧

診療内容

白内障(日帰り白内障手術)

さまざまな原因で水晶体が変性して、濁ってくる病気です。日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をお勧めします。

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)

眼の中にICL(眼内コンタクトレンズ)を入れて光の屈折を変え、近視・乱視・遠視を矯正します。

レーシック

角膜に「エキシマレーザー」を照射し、角膜のカーブを整え、近視矯正を行います。

黄斑外来(加齢黄斑変性症、黄斑上膜、黄斑円孔など)

当院では中途失明原因の上位となっている加齢黄斑変性を中心に、黄斑部という網膜の中心部に関係する様々な眼疾患を専門的に診察・治療しております。

糖尿病網膜症

腎症、神経症とともに糖尿病の三大合併症の一つです。
進行すると失明に至ることも少なくありません。成人中途失明の主要な原因となっています。

網膜剥離

何らかの原因で網膜が下の組織からはがれてしまい、光の刺激を受け取れなくなってしまった状態です。
網膜剥離は、裂孔原性網膜剥離と呼ばれる網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。

緑内障

何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。

まぶたの手術(眼形成外科・甲状腺眼症)

瞼(まぶた)を専門にした形成治療を行います。

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん

「眼瞼けいれん」や「片側顔面けいれん」はそのまま放っておいても自然に治る病気ではありません。

オルソケラトロジー

特殊なハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)を用い、角膜のカーブを変え、近視矯正を行います。

小児眼科

小さなお子様は、自分で正確な症状を訴えることができない場合があります。目の障害は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか保護者の方が見ていても気づくことが難しいのが現状です。

ドライアイ外来

「眼が疲れる」、「眼が乾いた感じがする」という症状を感じたことはありませんか?
その症状、もしかすると、ドライアイかもしれません。

結膜弛緩症

涙の通り道になる部分の結膜(白目)が弛緩する(たるむ)病気です。

コンタクトレンズ処方

患者様一人ひとりに合ったコンタクトレンズを提案します。遠近両用、円錐角膜用、虹彩付などの特殊レンズの処方も行います。

ロビージョン外来

いろいろな病気により「見えづらく」なり、日常生活に支障を来たしている方々に、補助具を用いて残存している視機能を最大限に生かすことにより、Quality of life(QOL)を向上させることを目指します。

TOPへ