視界がぼやける・視界がかすむ

考えられる原因

視界がぼやける、視界が白っぽくかすむ、いつもより眩しく感じるなどの症状は、目の疲れたときに起こりやすいですが、眼科疾患によって起っている可能性もあるため注意が必要です。これらの症状を起こす代表的な目の疾患を以下に挙げました。

白内障

レンズの役割を果たしている水晶体が白く濁る病気で、主に加齢によって発症するとされています。80歳以上の高齢の方のほとんどに白内障の症状があるとされております。その他アトピーや糖尿病、薬剤、放射線、ケガなどが原因で引き起こるとされています。

白内障の症状とは

主に視界がぼやける、白く濁って見える、かすんで見える、眩しく感じる、二重になって見えるなど、通常の生活がしにくいのが特徴です。また、ピントが合わせにくくなることで視力低下を招きます。

白内障の原因とは

一番多いのは加齢による白内障です。水晶体のたんぱく質が酸化、変性を起こし、濁りが生じるのが主な原因です。紫外線によって活性酸素が発生し、たんぱく質が酸化、変性することでも濁りが生じます。その他の原因として、アトピーや糖尿病、薬剤、放射線、ケガによる強い圧迫や衝撃などで、若年層にも多く発病するとされています。

白内障の治療とは

軽度の場合、服薬治療で進行を抑えることができます。低下してしまった視力や、濁った水晶体は薬物療法では回復できず、手術治療が必要になります。白内障の手術治療は日帰りで行うことが可能です。角膜を小さく切開し、水晶体を超音波装置で細かく砕いて浮化し、吸引除去した後にアクリル系樹脂やシリコンの眼内レンズを挿入する手術です。年間100万人以上が受けている手術です。

ぶどう膜炎

眼球全体を覆っている組織をぶどう膜と言います。眼球内に栄養を運ぶ役割を持っていて、血管が縦横に張り巡らされています。色がぶどうの実のようなことから「ぶどう膜」という名前で、脈絡膜・毛様体・虹彩が含まれています。ぶどう膜炎は、眼球内部が炎症する病気を指し、免疫異常がかかわるケースもあります。また、全身のあらゆる部分に起こった炎症の影響で発症する場合もあるので、治療にはその原因となる疾患を見極めることが非常に大切です。また、合併症として白内障・緑内障・黄斑浮腫・黄斑変性などの深刻な疾患を引き起こすことがあるため注意が必要です。

ぶどう膜炎の症状

主に視界がかすむ、眩しく感じる、視野に小さいものが飛んで見える飛蚊症など、見え方に異変が起こります。炎症性の細胞が角膜と水晶体の間や硝子体の中に入り込みます。炎症のため、目に痛みや充血が起こりやすいほか、両目に現れたり、片目のみに現れることがあります。また、症状が改善したり悪化したりを繰り返すことがあります。

ぶどう膜炎の原因

主に全身性の免疫異常によって起こり、サルコイドーシスや原田病、ベーチェット病が原因となることが多いとされています。細菌やウイルス、真菌、寄生虫など様々な原因が影響しています。重度になると、視力障害を招くため合併症に注意が必要です。そのためにも、原因疾患をしっかりと見極めて的確な治療を受けられるよう、早めに当院にご相談ください。

ぶどう膜炎の治療方法

疾患の原因が細菌やウイルス、真菌、寄生虫などの病原性微生物の場合には、有効な薬物治療を行っていきます。検査は、眼科の一般的な検査に加えて、原因疾患を見極める検査を行います。治療後も再発する場合が多いため、定期的な検診をお薦めしています。

ドライアイ

私たちの涙は、目を保護する役割があります。ドライアイは、涙が少なくなったり、涙の質が変化して十分に目を潤すことが出来なくなってしまいます。次第に不快感や機能異常を引き起こし、眼の表面が傷つきやすくなります。また、感染症リスクも高まるほか、そのまま放置してしまうと角膜が剥がれてしまい角膜上皮剥離を起こしてしまいます。ドライアイの症状が気になるという方は、きちんと医療機関を受診し、適切な治療を受けながらドライアイ対策を行うようにしてください。

ドライアイの症状

目が渇き、疲れやすく、視界がかすむ、ゴロゴロと異物感がある、視力低下、眼球の痛みなどが主な症状です。また、まばたきをしても目が潤わず、傷つき炎症を起こしやすくなるのが特徴です。

ドライアイの原因

まばたきは、眼球全体に涙を届けて潤いを保つ重要な役割を担っていますが、近年パソコンやスマートフォンの普及によって、ドライアイの患者さんが増加しています。また、パソコンやスマートフォンなどの画面を眺める際は、集中しているため極端にまばたきの回数が減ってしまいます。このように、まばたきの回数が大幅に減ると目はたちまち乾燥してしまいます。
このようにドライアイの原因は、主にモニター画面を長時間眺める、まばたきの減少、コンタクトの使用、長時間乾燥した室内で過ごすことが多い、花粉症などのアレルギー疾患、加齢などです。これらの要因がいくつも重なってドライアイを発症します。さらに、涙の量はしっかりあっても、涙の成分の質が変化することで眼球をまんべんなく潤すことができず、ドライアイになってしまうことがあります。このように、ドライアイはただ涙が減少するだけではなく、涙が十分にあっても質の変化によって発症するので注意が必要です。

ドライアイの治療方法

ドライアイの原因や状態によって異なりますが、涙と同じ浸透圧である人口涙液の点眼によって水分補給をする治療方法が一般的です。また、眼球表面を滑らかに覆う成分であるムチンを生産する成分入りの点眼薬を用いることもあります。これらは、眼球だけではなく角膜にできた傷の修復にも有効です。これら薬物療法でなかなか改善しない場合は、シリコンや合成樹脂、コラーゲンでできているプラグで涙点を塞いでいきます。これを涙点閉鎖と言います。また、涙が眼球を覆ったときに乾燥を防ぐ役割を持つマイボーム腺の機能不全がある場合は温罨法などの治療を行います。
環境改善では、加湿器の使用などで適度な湿度を保ったり、まばたきの回数を意識的に増やすことなどが対策として有効です。

眼精疲労

目を酷使したり、乾燥した環境で長時間過ごすことで目に負担がかかり疲労した状態を眼精疲労と言います。

眼精疲労の症状

目が疲労した状態だと、様々な症状を引き起こします。主な症状は、目の疲れや充血、眼球の痛み、かすんで見える症状のほか、首や肩の慢性的な凝りや痛み、頭痛、吐き気、倦怠感、手足の痺れなどがあります。

眼精疲労の原因

主な原因は、目の酷使と乾燥した環境です。眼精疲労が現代人に多いとされるのは、エアコンが効いた乾燥した室内やオフィスでパソコンやスマートフォンで目を酷使したり、長時間運転をするなど目を使うからです。また、私たちがモニター画面などを眺めて集中しているとき、まばたきの回数は極端に減少しています。すると、目が渇きやすく、同じものを見続けることでピントを合わせる筋肉が疲れて固まってしまいます。これによって、焦点を合わせにくくなり、かすんで見えるといった症状が現れます。

眼精疲労の治療

一番は、目の乾燥を防ぐ人口涙液という点眼薬を処方します。薬物治療と同時に、日常生活の環境改善も大切で、加湿器を利用して適度な湿度を保ったり、まばたきの回数を意識的に増やす、モニター画面を眺める時間を減らす、休憩するなども重要です。ご自身でも目が疲れてきたなと思ったら、蒸しタオルなどで目の周囲を温めることで血行が良くなり、症状を改善できます。

TOPへ