目がごろごろする、目に違和感がある

目がゴロゴロする原因とは

ゴミやほこりなどの侵入やコンタクトレンズ、目の乾燥が原因で、目がゴロゴロしたり、まばたきの際に何かが当たるといった違和感、取れそうで取れない目の異物感が生じます。異物感が気になり目を擦ってしまうと、炎症やアレルギー反応によって症状がさらに悪化する場合があります。

目の乾燥

パソコンやスマートフォンなどのモニター画面を長時間眺めることで目が乾燥します。また、エアコンが効いた室内では、目が乾燥しやすく、パソコンや車の運転など集中力が伴う作業の際には、まばたきの回数が極端に減るため目が乾燥します。
涙は、目を保護する役割をしていますが、涙の分泌量が減少したり、涙が蒸発してしまうと、目が乾燥しゴロゴロとした異物感が起こります。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの装着時は、角膜に蓋をしている状態です。この状態が長時間持続したり、涙が角膜にいきわたらなくなると酸素や栄養が不足し乾燥してしまいます。さらに、コンタクトレンズの洗浄を怠ったり、変形したレンズや傷ついたレンズをそのまま使用し、角膜の表面を傷つけることで異物感や痛みが生じます。

異物の混入や逆さまつげ

ゴミや砂といった異物が目に混入し、付着すると異物感や痛みが生じたり、異物を排出しようと涙が流れ出ます。また、逆さまつげは、まつげが内側の眼球に向かって生えている状態のため、角膜や結膜に当たり、それが異物感となります。この逆さまつげは、角膜や結膜を傷つけて感染症を引き起こす場合があるので注意が必要です。

目の異物感を引き起こすさまざまな疾患

目の異物感を引き起こす疾患には、乾燥が原因のドライアイ、細菌やウイルスが原因の角膜炎や細菌性結膜炎、ものもらいと言われる麦粒腫、慢性的な炎症が原因の霰粒腫、花粉やハウスダストが原因のアレルギー性結膜炎などが挙げられます。

ドライアイ

パソコンやスマートフォンなどの普及によって目を酷使することが増え、ドライアイになる方が増加傾向にあります。さらにエアコンなどで乾燥した室内で長時間過ごすことで、目の保護する役割の涙が蒸発したり、分泌量が減るなどで角膜が乾燥します。
ドライアイになると、角膜に必要な酸素や栄養素が不足し、目の疲れや痒み、充血、ゴロゴロとした異物感などを引き起こしてしまいます。

細菌性結膜炎

結膜炎の主な症状は、ゴロゴロとする異物感や充血、目やに、痒み、涙目です。細菌性結膜炎は、黄色ブドウ球菌などに感染して起きるとされ、黄色い膿のような目やにが大きな特徴です。さほど感染力はありませんが、免疫力が低い高齢の方や乳幼児は慢性化する可能性があるので注意が必要です。

ウイルス性結膜炎(はやり目)

アデノウイルスに感染して起きるとされ、べっとりとした目やにと瞼の腫れや目の異物感、充血などの症状が現れます。夏のプールで感染しやすい咽頭結膜熱、別名プール熱は、目が真っ赤に充血するほか、目の痒みや異物感、喉の痛み、発熱、倦怠感、吐き気、下痢などあらゆる全身症状を伴います。

角膜炎

主な症状は、目の充血や痛み、異物感、涙の過剰分泌です。乾燥や異物の混入によって角膜が傷つき、炎症を起こすのが原因です。傷ついた角膜を放置していると、角膜の中心が細菌に侵される角膜潰瘍や、角膜に穴が開いてしまう角膜穿孔を引き起こします。

麦粒腫(ものもらい)

瞼の一部が赤く腫れ、痒みやまばたきの際の異物感、瞼が重くなり痛みを生じます。また、患部が膿をもち白くなることもあります。これは、瞼の縁や内側にある皮脂腺に黄色ブドウ球菌が感染して起こります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

瞼の中に小さいしこりができた状態を霰粒腫と言います。このしこりは、触ると瞼の中でグリグリと動く球状をしています。痛みはさほどありませんが、ゴロゴロとした異物感があり、時々痒みを感じることがあります。さらに細菌感染すると、しこりの周りが炎症し、赤く腫れて痛みを生じます。

アレルギー性結膜炎

アレルギーの原因物質が結膜に侵入することで目の充血や異物感、強い痒みが生じる疾患をアレルギー性結膜炎と言います。結膜がむくんで白目部分がブヨブヨとした状態になることもあります。アレルギー性物質には、花粉などの季節性のものとハウスダストのように通年性のものがあります。さらに、最近ではコンタクトレンズの汚れが刺激になって結膜炎を引き起こすケースが増えています。

結膜弛緩症

結膜部分の白目が、加齢に伴い緩むことによって起こる疾患を結膜弛緩症と言います。主な症状は、目がゴロゴロする、違和感がある、涙があふれ出るなどです。
治療方法は、目薬と手術治療があります。涙が出る原因が結膜弛緩症の場合は、手術によって改善することができます。手術における所要時間は、片目約20分で緩んだ結膜を切除して涙の流れを改善していきます。

眼瞼内反症

加齢によって、瞼を支えている筋肉や靭帯が緩んで瞼が内側に向かいます。まばたきの度にまつげが角膜に当たる状態を眼瞼内反症と言います。まばたきによって角膜の表面が傷つくので、目の違和感や痛みが生じます。重度になると角膜に穴が開き、失明に至ることがあるので注意が必要です。治療方法は、下眼瞼牽引筋腱膜を縫い縮める手術治療を行います。まばたきをしても、角膜を傷つけないように適切な位置に戻していきます。瞼を支える筋肉は、タテの緩みとヨコの緩みとに分けられますが、タテの緩み改善だけでも90%治ります。手術所要時間は短く、約20分で終了します。ヨコの緩みが強い場合は、再発することがありますが、ヨコの緩み改善の手術で治ります。所要時間は約30分ですが、しっかりと手術をすれば治癒できる疾患ですので、気軽に当院までご相談ください。

緑内障

眼圧(眼球内圧)が適正範囲を超えて視神経が不安定になり、正常な機能が保てなくなることで視野が欠けてくる疾患を緑内障と言います。しかし、眼圧が正常値であっても緑内障になる場合もあり、緑内障かどうかの判断が眼圧だけではできないとされています。緑内障の診断においては、視神経の状態をしっかりと検査することが重要です。

ぶどう膜炎

目の中に炎症が起こる疾患をぶどう膜炎と言います。目の中にある虹彩、毛様体、脈絡膜を総じてぶどう膜と言います。この3つの組織が炎症することでぶどう膜炎が起こり、次第に眼全体に炎症が広がります。主な症状は、目の痛みや視力障害です。

ものもらい

黄色ブドウ球菌などの細菌による感染が主な原因です。初期のうちは痒みを訴え、次第に瞼が赤く腫れ、痛みが出てきます。治療方法は、軽度の場合は抗菌薬の目薬を使用し、腫れが酷い場合は目薬に加えて抗生物質や抗炎症剤などの内服薬を用います。膿が溜まりすぎるなど重度の場合は、切開手術を行う場合もあるため、早めの受診をお勧めしています。もしかしたら、「ものもらい」かもと気になる段階で当院までご相談ください。

目がゴロゴロするときの対処法とは

目を冷やす

目の異物感に加えて炎症があるときは、タオルで冷たいおしぼりを作って、瞼の上に置くだけでとても楽になります。異物感の原因が乾燥による場合は、先のように瞼を冷やしてからさらに温かいおしぼりを置いて、温めながら目の周りの血行を良くすることで症状が改善します。

眼科で診察を受ける

異物感が数日経っても無くならない場合は、何らかの疾患がある可能性があります。早めに当院にご相談ください。また、逆さまつげによって違和感がある場合、逆さまつげを抜かないようにしてください。抜いてしまうと、また同じ生え方で生えてくる、あるいは悪化することがあるので気を付けましょう。逆さまつげは、まつげの生え方によって治療方法が異なるため、必ず受診をしてください。

日常生活でできるセルフケア・予防方法

目の乾燥を防ぐ

パソコンやスマートフォンなどのモニター画面を長時間眺めていると、目が乾燥してきます。また、集中して見つめているときは、まばたきの回数が極端に減っています。まばたきは、分泌された涙を眼球に送り出す役割をしているため、目を潤すためには欠かせません。また、涙の分泌量が少ない夜は、早めに寝ることも大切です。
さらに、乾燥した室内で長時間過ごすことも目の乾燥を招きます。エアコンの風に直接当たらないように工夫したり、加湿器を利用するなど、室内を適度な湿度に保ちましょう。

細菌やウイルスから守る

手をこまめに洗ったり、目を擦らないこと、家族に結膜炎にかかっている人がいれば生活用品を分けて使うなど、細菌やウイルスから目を守るように気を付けましょう。

部屋を掃除して原因となるものを除去する

花粉やハウスダスト、ダニなどのアレルゲン除去を徹底しましょう。部屋をこまめに掃除し、通気を良くすることが一番です。花粉の時期は、洗濯物や布団は外に干さないようにし、ダニを増やさないようにカーペットは敷かない、掃除機をこまめにかける、空気清浄機や加湿器を使用するなど、清潔に保つようにしましょう。

TOPへ