ロービジョン外来

ロービジョン外来とは

いろいろな病気により「見えづらく」なり、日常生活に支障を来たしている方々に、補助具を用いて残存している視機能を最大限に生かすことにより、Quality of life(QOL)を向上させることを目指します。

  • 見えづらくても、本が読みたい
  • 見えづらくても、いろいろと出かけたい
  • 見えづらくても、コンピューターを使いたい

むさしドリーム眼科では、このような患者様のサポートができるように努めております。
また、身体障害者手帳の申請の相談、他機関への紹介なども行っております。
ロービジョン外来をご希望の方、見えにくいご家族がいる方はお気軽にご相談ください。

ロービジョン外来の流れ

1視機能検査

現在の視力、視野検査します。

2問診

どのようなことにお困りなのか、ご家族がいらっしゃればご一緒にお話を聞かせていただきます。

3各種ロービジョンケア用品のご案内

各患者さんのニーズに応じてロービジョンケア用品のご提案をさせて頂きます。
※ お一人1時間半程時間がかかります。

ロービジョンケア

遠くを見る道具のご紹介

遠くを見る道具のご紹介単眼鏡を使った見え方を体験頂きます。

近くを見る道具のご紹介

近くを見る道具のご紹介見たいものに応じて、ハイパワープラスレンズ眼鏡、拡大鏡(ルーペ)、拡大読書器(手持ち拡大読書器・拡大読書アプリ・マウス型読書カメラ)等のご紹介をさせて頂きます。

「まぶしさ(羞明)」をやわらげる・「コントラスト」をあげる道具のご紹介

「まぶしさ(羞明)」をやわらげる・「コントラスト」をあげる道具のご紹介遮光・偏光眼鏡(レンズ)など、トライアルレンズを用いて患者様に合ったレンズ、色を選定します。また、眼鏡の貸出しも行っておりますので、日常生活の中でご利用いただけるか判断して頂けます。

日常生活補助具の紹介

「時計がよくみえない」「文字をまっすぐかけない」「料理の際、まな板で反射して切りにくい」など、日常生活で感じるちょっとした不便を解消する道具を紹介します。

予約方法

初めて当院を受診される方

眼科一般検査を受けていただき、ロービジョン診察またはロービジョンケアの予約をさせていただきます。お電話でのご予約も可能です。

当院の患者さまの場合

主治医にロービジョンケアを希望していることをお伝えください。

受診に用意していただきたいもの

お越しの際は、見えなくてお困りの物(本や、書類など)、持っている眼鏡や拡大鏡を持参してください。
視覚障害者手帳をお持ちの方は、補装具給付の対象になる場合がありますので、役所から補装具意見書をもらって持参してください。

TOPへ