物が二重に見える、ダブって見える

物が二重に見える原因について

物が二重に見える原因について物を見た際に、二重に見える原因は、目の疲れや乱視、目や脳の病気だと考えられます。物が二重に見える症状は、片目で見た際に起こる単眼複視と両目で見た際に起こる両眼複視に分類されます。
単眼複視には、近視、遠視、乱視、白内障などが考えられます。
両眼複視は、脳神経麻痺や目を動かす筋肉の麻痺などが原因で両目が違う方向を向いてしまっていることで起こります。両眼複視が突然起こった場合は、脳神経障害や脳卒中なども疑われ、頭痛やめまいを伴う場合はすぐに医療機関を受診するようにしてください。
緊急対応が必要でない場合も物が二重に見える症状を自覚した時は眼科を受診するようにしてください。

物が二重に見える原因疾患

屈折異常

通常、目に入ってくる光は角膜と水晶体で屈折し、網膜に像を結ぶことではっきり見えます。
その屈折に異常があると近視、遠視、乱視となります。
治療方法としてはメガネ・コンタクトレンズ、レーシック、ICL手術などがあります。

乱視

目の一番外側にある角膜は、通常は自然なカーブを描いています。乱視の場合は、角膜の表面がゆがんでいたり、波打って変形したりしていることで目に入ってくる光が不規則に屈折してピントが合わなくなってしまい物が二重に見えてしまいます。乱視が強いと物が歪んで見えることもあります。子供の乱視は弱視の原因にもなりますので注意が必要です。

白内障

加齢に伴って、眼球内の水晶体が徐々に酸化していくことで白く濁ってきます。40代から発症し始め、80代のほとんどの方が白内障を患っていると言われています。また、近年では若い方にも発症が増えてきています。水晶体が白く濁ることで視力低下、まぶしく感じる、視界が白く見える、物が二重に見えるなどの症状が起こります。

眼精疲労

運動し続けると体が疲れを感じるのと同様に、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用して目に負担がかかると疲れや目のかすみ、物が二重に見える、目が乾くなどの症状を感じるようになります。これを眼精疲労と言います。目の周辺の筋肉が緊張した状態が続くことで、目の調節機能が一時的に低下します。眼精疲労は、目のかすみや痛みだけではなく、頭痛や肩こりの原因にもなります。

老眼(老視)

加齢に伴って水晶体が硬くなり弾力を失い、ピント(焦点)を調節する機能が低下します。老眼は、40代になると自覚症状を認識する人が増えてきます。また、近頃はスマホやパソコン操作など近方にピントを合わせることが多いので、老眼になるとより目に負担がかかり、眼精疲労から頭痛や肩こりが慢性化するなどの悪循環に陥ってしまうこともあります。老眼症状を自覚した場合は、なるべく早く眼科を受診して適切な矯正方法を選択するようにしてください。

斜視

片方の目が見ようとするものを見ているが、反対の目が目標と違う方向を向きます。
内斜視、外斜視、上下斜視があります。物が二重に見える(複視)斜視は、目を動かす筋肉の異常、怪我、他の病気などによる麻痺性斜視が原因となります。麻痺性斜視には重篤な疾患が潜んでいることもありますので、すぐに眼科を受診してください。

Instagram Follow!
keyboard_arrow_up